初心者のベリーダンス教室をお探しなら、親切・丁寧な指導で楽しくレッスンできるベリーダンス教室ベリモを。

menu

初心者ベリーダンス教室

CATEGORYイベント前の準備・注意点

ハフラ一週間前の最終チェック☆

ハフラで踊るダンサーのみなさま、準備は大丈夫でしょうか? 今回は、まだ間に合う!1週間前のチェックをご紹介します! <練習編> ここまで来たら、「いかに綺麗に見えるか」を優先させましょう。 ①姿勢は綺麗ですか? 肩下がってますか? 首ながーく伸ばしてますか? ②目線は上向きですか? 下ばっかり見て踊っていませんか? ③笑顔大丈夫ですか? 顔がひきつるのはしょうがないので、とりあえず歯を見せると笑っているように見えます。 ④アームス綺麗ですか? 指先に力入っていませんか? ⑤歩くたびに頭が上下していませんか? ⑥あと5日、毎日3回各曲後ろ向きで練習してください <衣装編> ①あらゆる場所の隙間大丈夫ですか? ②ブラの後ろが下着っぽく見えませんか? (下着っぽく見えると、何かカバーしたほうがいいです) ③裾の長さはちょうどいいですか? 今まで長めで頑張ってきたけどやっぱり無理・・・・という方は、この時点で丈を少し短くしましょう。 ★④アクセサリーが踊っていて邪魔になりませんか? ベールに絡まるリスクを高める頭飾りなどつけていませんか? <その他> ①自信喪失していませんか? 他人の評価より、いままでたくさん練習してきたことが自信になります。 ②緊張しますか? 適度な緊張感は大事です。 おわりに たくさんたくさん練習しても、本番は一瞬で過ぎ去ってしまいますよね・・・。 何十時間も練習したのに、たった数分です。 当日、とにかく楽しんでくださいね! …

イベント後にしてきた後悔

一ヶ月前、ということで、私がいままでイベント後にしてきた後悔を強く感じた順にご紹介します。 反面教師として参考にしていただけると幸いです。 ①なんでもっと楽しんで踊れなかったんだろう・・・  「緊張しないように」「間違えないように」そればっかりで、楽しんで踊れなかったら終わった後に後悔が残ります。  観る人は、振付が合っているかどうかの「審査員」ではありません。  フォーメーションがきちんとそろっているかを確認する人でもありません。  ダンサーの楽しさを分けてあげてください。 ②もっと鏡を見ない練習をしておけば良かった・・・  鏡を見ない練習が少ないと、当日すごく緊張します。 ③衣装をもっと着て練習すればよかった・・・  普段動きやすいレッスンウェアで踊りなれていると、動きにくい衣装を着て踊ったらぎこちなく感じます。  衣装が当たり前!のように着こなしていると当日も「いつもどおりだ」と安心できます ④つけまつ毛になれておけばよかった・・・  目が充血して痛いよう・・・ ⑤踊っているところろ後ろから人に確認してもらえばよかった・・・  ベルトが浮いていたり、ベルトからスカートが見えているのに気づかなかったことがあります。当日ビデオを見て気づきました。ショックです。 ⑥ベールに静電気防止スプレーをつけておくんだった・・・  乾燥の強い季節だと、静電気でベールがまとわりついて焦ります。 ⑦髪の毛を当日だけツルツルにしすぎてしまった・・・  ヘッドアクセサリーとつける方は注意してください。 私はいつも髪の毛のお手入れをそんなにしていなくて、当日てかてかのオイルをつけていくと、滑ってアクセサリーが落ちたことがあります。  他にもいろいろ・・・ 当日は絶対何かあるものですが、なにがあっても楽しめないのが一番ショックです!楽しみましょうね! …

終わりよければ全てよし

「踊り終わった後に、どれだけピシッとポーズを決められるか」 これ、すごく大事です! 踊り終わったあとの空気を制するものはその場の空気を制します。 これは例え緊張したまま踊り始めてカチコチだったり、途中コケたりしたとしても、最後のポーズをビシッと止まるだけでグンと印象が良くなります。 (最悪、最後こけたとしても、立ち止まって、曲が終わっていてもポーズして終わってください) ありがちなのが、無事に踊り終わったことに安心して気が抜けて、1秒も満たないうちに退散してしまうケース。 めちゃくちゃかっこ悪いです>< 無音のままポーズを取り続けるのって、想像以上に精神鍛えられることなので、本番当日いきなりやってください! ・・・と言われてもできないと思います。 なので、踊り終わった後のポーズで「静止する」練習もしてくださいね☆ …

イベント一ヶ月前が、踊りこめる最後の期間

早いもので、ハフラまで1ヶ月ちょっととなりました。 イベント1ヶ月前までが、実はシビアに練習できる最後のチャンスです。 それより日にちが近くなっていくと、メンタル面で自信を持つために大きく修正はできないし、 衣装直しや最終的な全体の流れの確認、メイクの練習も入ってきて、踊りだけに集中できにくくなります。 なので、この時期一番厳しいことを言うと思います(笑) それはまだ修正可能な時期だからです。変だったら変って言うし、ぎこちなかったらぎこちないとそのままお伝えします。 なので、ちょっと自信なくなっても、今はがむしゃらに練習してみてください。 がむしゃらに練習していると、ある日突然できるようになっていて、本番では自信を持って踊れるはずです。 ハフラは確かに発表会みたいにクオリティは求めないけれど、見に来てくださる大切なゲストのみなさまのために、そしてなにより自分自身が心から楽しめるために、 残り1ヶ月頑張りましょう。 頑張れば頑張っただけ自信につながりますし、当日何が起こっても成長の糧になるはずです☆ …

踊っている時に気が抜けそうなこと

今回は、踊っている時にうっかり気が抜けそうなことをいくつかピックアップしてみます。 振付は覚えたという方はチェックしてみてください。 ①手首は下がっていませんか? お腹の動きに頑張って力が入っていると、手は気が抜けてしまいやすくなります。 ②首は長く伸ばしていますか? どんなにムーブメントができていても姿勢・特に首が短いと綺麗に見えません。 ③顔は上向きに♪ 日常生活の角度より、気持ち少し顔を上げて踊りましょう。明るく見えますし、何より踊っている自分自身が明るくなってくるでしょう。…

イベント前に準備すること

今回は、イベント前に準備することをカテゴリ別に分けてご紹介します。 ベリーダンスを踊るのは初めてという方は是非確認してみてください。 <振付> ①まず振付・テクニックを覚える ②後ろ向きで練習する ③ビデオを撮って振り返る ================================ ④どうやったらもっと綺麗に踊っているように見えるかの研究(これは自分で気づいて直していくのが一番成長します。まず自分で考える、それでもわからなかったら聞いてください☆) ⑤衣装を着て踊って、想定される様々なトラブルを一通り経験してみて、対処方法を考える。(本番は何かとトラブルがつきものなので、トラブルはあるものとして臨みましょう。そのトラブルをどう対処していくかを考えておきましょう。 例・ベールが絡まったらどのように立て直すのか? 足がすべってコケてしまった時、どのように綺麗に起き上がるか?そのままフロアワークいっちゃう(笑)?!など) <衣装関係> ①買う(2~3ヶ月前に準備) ※インナーも買う ②衣装直し(裾は長くないですか? ブラ・ベルトは身体にフィットしていますか? ほつれ、衣装の装飾増やしたりはないですか?) ③着て練習(踏まない長さ? つるつるてんに短くないですか? 動いてもインナーは見えませんか? 装飾品は踊っていて取れませんか?) ========================================== ④できれば予備を準備(当日ブラのホックが取れるかもしれませんし、誰か忘れたときにお互い助け合えます) <メイク> ①1ヶ月くらい前から練習 今回はレストランなので、普段のメイクよりちょっと濃いめ・アイライン長めくらいで大丈夫です。 ■おまけ■ 意外な落とし穴・ 経験あるダメダメ失敗談(みんなは気をつけて~~) ①ベルトのホックが外れて踊っている間にスカートがベルトより上にきてしまい、とてもかっこ悪いことに・・・(もちろん踊ってるときに誰も教えてくれません。泣) ②アクセサリーが意外とベールに絡まります。当日困らないように、アクセサリーもつけた状態で練習しましょう。 ③ブラがきつすぎて気分が悪くなり、当日はふらふらダンスに・・・ ブラは大きすぎても問題ですが、きつすぎると気分が悪くなりま…

ハフラでのぶっちゃけ失敗談その②

その①真顔すぎる・・・・!  ~「まぁあなた、自分に自信があるのね」 本音「必死なだけなのに・・・」~  特に明るいアップテンポな曲で真顔すぎると、衣装の露出が多い分、残念ながらベリーダンスを初めてみる人からすれば「あの人自信あるのね・・・」と思われてしまう危険性があります。  毎回繰り返しの多い曲をやるときはそうなのですが、みなさん最初は元気に楽しそうに踊るのですが、途中から必死になってどんどん真顔になってきます。ずっと笑い続けるのは厳しいと思いますが、そのような場合は少し目線を外して”涼しそうに微笑む”ようにしてみてくださいね☆ その②鼻の穴が見えすぎ・・・!  ~「踊るゴリラを見てるようだわ」  本音「思っている以上に息上がるのよ・・・」  度々レッスン中にも言っていて、言っているくせに自分がなかなか直せていないことです。踊っているときに鼻で呼吸すると、誰しも息が上がってきますから、写真を撮ったときに鼻の穴がものすごい膨れてることに・・・・泣(いや、私のことなんですけどね・・・泣)  というわけで、みなさん口呼吸しましょう! その③暗い・・・・!     ~「あの人イヤイヤ踊ってるのかしら」  本音「前を向いて踊るのが恥ずかしいだけなのに・・・」  首が短く、うつむいているとどうしても暗く見えてしまい、見ているほうも暗い気持ちになってきます。挙句の果てにはイヤイヤ踊っているように見えてきてしまいます。  レッスン中もよく言っていますが、「首は長く!」「顔上げて!」あごは少し上向きを意識しましょう。特に首の長さは美しく見えるかどうかを非常に大きく左右します。 …

他人の振付 自分の振付

ベリーダンスを踊っていくうちに、他人の振付って踊りにくいなぁ。。。と感じてくるのではないでしょうか。 もちろん凄いスターや先生方の振付を踊れるようにはなりたいし、自分のストックを増やすためにも踊れたほうがいいのだけれど、 その振付はあくまでもスターや先生のフィーリングのコピーなんですよね。 どんなにテクニックが上手くても、そこにあなたのパーソナリティーは・・・??? 同じ旋律を聴いても、人によって感じ方は違うはずです。 感じ方が違えば踊り方も変わってきますよね。 自分の性格や内に秘めているものによっても踊り方は変わってきます。 音楽を色でイメージするような人もいれば、匂いを想像しながら聴く人もいるかもしれません。 そうやって色んな感じ方、個性があるところがベリーダンスの魅力だと私は思っています。 なので、まずは変でいいから(←ココ大事!w)、とにかく自分がどう感じるのかを感じて自分の踊りを踊って欲しいです。 見栄えが良くないとか、どうやったら正解なのか頭で考えないで、自由に踊っていって欲しいなと思います。 そういう想いがあるので、今後は自分で振付を考えてみるコンテンツもレッスンで取り入れていく予定です。 「自分らしい動きとは何か?」を研究していただき、振付の一部は生徒さんお一人ずつ 作っていってもらっています。 言葉で「自分はこういう人間です」というのを説明するのは簡単ですが、動きで表現するのは難しいですよね。 表情もとても大切になってくると思います。どのくらい呼吸を置くか、間をとるのかも大事になってくると思います。 日頃あまり考えないかもしれませんが、自分自身について深く掘り下げて見つめなおす必要もでてきますよね。 やることいっぱいです!笑 それでもその結果生み出された振付はお一人お一人の宝物になると思います。 …

衣装直しの時に気をつけること

ベリーダンスの衣装は日本人サイズに作られていないものが多く、衣装が届いてから衣装直しをしないといけない場合が殆どです。 その際、気をつけていることをいくつか挙げています。 ①なんといってもブラの綿詰め、ブラひもの調整 「豊胸したの!?」と思われるくらいBIGな方が望ましいです。これでもかというくらいブラに綿を詰めていきます。 それに伴って、色んな動きをしたときに中身が見えてしまわないように、ピッタリくるようにブラ紐を調整する必要があります。個人的に、一番調整する時に時間がかかります。本番1ヶ月前と1週間前ではサイズが変わっているのでイベント前はいつも大変です。 アンダーバストのサイズは、指が2~3本入る余裕があるくらいがベストと言われています。それ以上キツイと動けなくなりますし、逆にゆるすぎると中身が見えてしまいます。 ②ベルトの調整 腰骨の辺りでぴったりくるようにします。できれば体のラインが綺麗な線になって見えるのが理想です。ベルト部分だけゴツくなって、「私ベルトしてます!」という風に見えないようにする必要があります。 ベルトが長い場合は、重なる部分がでてきますが、横で重ねてしまうととてもラインが美しくないので注意しましょう。 ③小物がある場合は、アームの調整 二の腕につけるアームも自分サイズに調整します。アームはできるだけキツめに直します。踊っているときに落ちてきたら困るからです。 ④ビーズや装飾品の修理 衣装を着て練習を繰り返すうちに、ビーズや装飾品が取れてきたりします。その場合、手芸用の「液体のり」が大活躍です。ちょっとほつれた生地やレースなどを直す場合、液体のりが便利です。…

【③前日編】イベント前の準備

今度は、前日の準備についてご案内します。 ■ダンス編■・本番同様の状況をイメージして、衣装・メイク・アクセサリーも全部本番同様にして練習(あまりしすぎて体を痛めないようにする)■その他の準備■・荷物の準備・あれば、衣装・ベール予備を準備・冬ならシフォンベールは静電気まみれになるので、静電気防止スプレー・安全ピン、・メイクの最終練習・よい睡眠 当日の持ち物はまたお知らせします! …

【②直前編(1ヶ月前)】イベント前の準備

続いて、イベント1ヶ月前になったときの準備編です。 ■ダンス編■ ・後ろ向きで何も見ずに踊れるように練習できるようにする ・笑顔の練習 ・当日のスペースで踊れるように再度確認しながら練習する ・毎日衣装・アクセサリーなどをつけて練習する ※ 特に衣装を着てれの練習は早めに、そして何度もやった方がいいです。 レッスンウェアの時は普通に踊れていたのに、衣装を着ると上手く動けない、ベールが絡みつく、アクセサリーにベールが絡まる、スカートを踏んでしまう・・・なと、衣装を着て踊ってみないと分からないことがたくさんあります。 できるだけ早く衣装を着た練習を始めてください。 ■その他の準備■ ・メイクの練習 ・お好みで、ボディグリッター、アクセサリー、ベールの予備、安全ピンや香水、ブラパッドなどの 各種道具を揃える。 ・体にフィットするように、衣装直し(結構時間かかります) それでは、次回は、前日編です! …

【①準備期間編(2~3ヶ月前)】イベント前の準備を時系列にご紹介

発表会やハフラなどのイベント前の準備にやっていることを、時系列に期間ごとに分けてご紹介します。 「準備期間編(2~3ヶ月前)」、「直前編(1ヶ月前)」、「前日編」、「当日編」に分けて ご紹介していく予定です! まず、最初は準備期間編です! イベントから2~3ヶ月前にやっていることです。 (カッコ)は余裕があればやってください。 ■ダンス面■ ・とにかく振付を覚える ・苦手なテクニックを繰り返し練習 ・毎日5回は1曲練習(お忙しい方は、一日1回でもいいので、毎日続けましょう) (・動画に撮って自分のだめな点を研究→また動画にとって練習) ・衣装を着て練習する ・ベールなど道具を使うときは、あらゆる失敗をわざとしてみて、失敗したときの対応策を考える ■その他準備など■ ・衣装を手元に用意する ・スカート丈チェック 次回、直前編(イベント1ヶ月前)編です!…

ベリーダンス発表会の参加は強制ではありません

体幹を鍛える為のバレエ教室案内

ベリモの方がバレエもやりたい場合、お得に受けられます。

大人のバレエ教室
〒108-0074 東京都港区高輪3-10-4 ブレスド高輪101
横浜バレエ教室
〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町3-143 柴NICハイム野毛山201
ベリーダンス教室体験ご予約 ベリモ・ベリーダンス教室

神奈川横浜の初心者ベリーダンス教室
〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町3-143
柴NICハイム野毛山201
http://bellydance-lesson.com/
桜木町駅徒歩6分

ベリモ・ベリーダンス教室

受付時間 メールでのお問い合わせはこちら